増刊 かわらや日記

巫夏希の日常

英雄譚なんて、僕には似合わない。第28話③

「……わ、分かった。聞こう、聞こうじゃあないか。その『野暮用』というのを。ただ、私たちがそれを叶えられるかどうか……」
「あら、十分叶えられるはずのことだけれど。別に『あなたたちの命が欲しい』なんて無茶なことを言っている訳じゃあないんだし?」
 ぞわり、とそこに居るリザードマン全員の鳥肌が立った。
 実際には鱗がついているから、鱗がついていない部分だけとはいえ、それでも寒気がしたことには変わりない。
 今、笑顔で彼女はなんと言った?
 私たちの命を欲しい、と言っている訳じゃあない?
 だとすれば、いったい何の目的で、彼女はここにやってきたのか?
「……私は、『剣』を求めてここにやってきた。剣は何処? 教えてくれる人が何処に居るのかしら」
「剣……だと? あれを取られてしまっては、我々は何も出来ない! あれは我々の始祖が大事に保管しているものだ!」
「そう。ああ、そういえばリザードマンの始祖ってずっとここに居続けたのよね。なんとまあ、窮屈なこと。海だらけの部分って、とても退屈だったろうに」
 一息。
「じゃあ、あなたがそこへ案内することは出来る? だって、あなた村長でしょう? いろんな人がそう言っているものね。そうじゃあないと嘘は吐かせないですよ?」
 ぐちゃぐちゃな言葉遣いだ、と村長は思っていた。
 まるで幾つもの人間の魂がその中に入っているような、そんな気持ち悪い感覚。
 何故そんな感覚が咄嗟に思いついたのか、ということは置いておくとして。
「……分かった。私が案内しよう」
 村長は、ゆっくりと息を吸って、やがてそう告げた。
「村長!」
 リルーの言葉に、村長は答えない。
「あなたたちのリーダーが寛大な性格でとても助かったわ。それじゃあ、案内してちょうだい。一応言っておくけれど、嘘の場所に案内するとか、闇討ちをするようなら……どうなることか、分かっているわね?」
「そんなことを出来るほどの余裕が、今の私たちには無い」
 そうして、村長とオール・アイのみで、祠へと移動することになった。
 祠の前に到着すると、村長はゆっくりと扉を開けた。
「ふうん、カトルと同じデザインなのね。やっぱり『ガラムド』が啓示で命令した通りの建物と言った感じかしら……」
 何かをぶつぶつと呟いているようにみえるが、そんなこと村長には関係なかった。
 今の彼は、どうやってこの状況から解放されるかどうか、そんなことを考え続けていた。
 そして、村長は一つのプランを考えついた。
 扉を開けると、彼は急いでその剣を手に取った。
 しかし、それよりも早く、オール・アイの構えていたナイフが彼の右手を切り落とした。
「あがああああああああああああっ!!??」
 自らの切り落とされた腕を見つめながら、腕がついていた場所を左手で押さえる。
 しかし、押さえたところで血はどんどん吹き出してくる。
「残念だ。非常に残念よ。……もし普通にしていたら、痛みを与えること無くそのままあの世へと送っていっただろうに。変な抵抗をするから」
 笑っていた。
 こんな状況であるにも関わらず、オール・アイは笑っていた。
 苦しみもがく状況を見つめて、ただただ笑っていた。
「貴様は……狂っている……!」
 あまりの痛さに、倒れ込む村長。しかしその目線は未だオール・アイを追っていた。
 オール・アイは告げる。
「狂っている? そりゃあ、そうでしょうね。人間の観点から、或いはリザードマンの観点から見ても、私は狂っているのかもしれない。けれど、私は人間じゃあない。世界を超越した力を持つ『眷属』。その意味が分かるかしら? 私は、神に近しい力を持っているということなのよ」
「……何だと……」
 村長は痛みを必死にこらえながらも、会話に参加する。
 しかし、徐々に痛みの方が勝り、そして血も出すぎたのか、意識が朦朧としてくる。
 オール・アイは笑みを浮かべ、村長の顔を見つめる。
「安心しなさい。直ぐにこの村のリザードマンすべてを送って上げるから。これはあなたが犯した罪の罰よ。……ま、私が剣を手に入れたことを誰にも知られたくないからやる、ただの隠蔽工作に過ぎないのだけれど」
「貴様……」
「だから、安心して、死になさい」
 そして。
 オール・アイの持っていたナイフは、リザードマンの心臓を的確に捉えた。