増刊 かわらや日記

巫夏希の日常

英雄譚なんて、僕には似合わない。第23話②

「お前……何故邪魔をする!」
「世界を救うと言われている存在を、守ることは私たち眷属の使命なの」
「ちぃっ、面倒くせえな!」
 乱暴な口調で言い張ると、そのまままた距離を保つ。
「……いい仲間に恵まれているようだねえっ! はっきり言ってしまえば、余裕だと言ってしまうべきだろうけれど、而して、あなたの力は無いようね。……世界はそれを選択した、ということかしら?」
「正確に言えば、選択せざるを得ない、ということよ。……世界がどうなるかは未だ決まっていない。その剣を手に入れることで世界を元に戻すことが出来る! けれど、帝国はそれを認めようとしない。認めたくない。認めようとは思っていない!」
 メアリーが地面に手を当てる。
 するとまるで地面が生きているように、手が生えてきた。
 まるで巨人のそれ――彼女はそれを見てそう思ったらしい。
「……錬金魔術かっ! 精霊の力をも使うことが出来る、その術を使うことが出来るのは最早生きている人間には居ないと思っていたが……」
「残念だったわね。未だ生きているのよ。……かつての予言の勇者の一行の、最後の生き残りがね!」
「……まさか、貴様、メアリー・ホープキンかっ!」
「そういうあなたは何者?」
 見事に手の攻撃を避けた彼女は、鼻で笑った後、
「私の名前は、カラスミ=ラハスティ。帝国の将軍よ。……覚えておきなさい、力を手に入れると言うことは、代償を手に入れるということに繋がるのだと!」
 そして、カラスミはそのまま姿を消した。
「……何がしたかったんだ? あのカラスミとかいう人……」
「さあ? さあ、祠に向かいましょう。目の前に石造りの建物があるでしょう? どうやら扉だけは開いているようね」
 確かに、石造りの建物が目の前にある。
 リニックはそれを見て、観音開きになっている扉を開いた。
 そして、主を待ち構えていたかのように、ミイラは目を開いている。
「……ついにやってきたか、剣の主よ」
「あなたが、メリア・シールダーね……。偉大なる戦いで活躍したという、盾の女性。あなたは、どんな試練を?」
「私は試練を出すことはない。強いて言うならば、『力』を正しく使うことが出来る人間かどうか確認させてもらいたい。ただ、それだけのこと」
 リニックは一歩前に出る。
 ミイラはふわりと浮かび上がり、剣はミイラとリニックの中心にちょうど停止した。
 そしてふわふわと浮かび上がると、そのまま剣はリニックを中心とするように周回した。
「……ふむ、どうやらおぬしは『力』があると認められたまま、そのまま自らの意志をなくしたまま行動しているようだな……」
「ええ……」
 嘘は吐けないと思ったのだろう。はっきりと、正直と告げるリニック。
 そしてリニックの言葉を聞いたミイラは、メアリーの方を向いた。
「かつての勇者を導いた者よ。百年を経過してもなお、世界を救う導き手となるか。それとも、お前も……何か私利私欲の闇が蠢いているように見えるが?」
「流石に、剣の守護者には隠し事は通用しない、ということかしらね……」
 そうして、メアリーは一歩前に進む。
 ミイラとメアリーは対面する。
 メアリーはゆっくりと息を吸って、そして吐く。
 そして、彼女は話を始めた。
「私は世界を救いたい。けれど……それ以上に成し遂げたいことがある。その為に、彼を利用しているのは確かよ。でも、それは世界の為にもなる。私はそう思っているの」